水回りのトラブルが起こったら

トイレを使っていてつまってしまったり、蛇口の水が閉めても流れ続けてしまうというトラブルにあった事はありますか?その場合は、水漏れトラブルの業者を利用するとすぐに解決してくれます。業者がどんな対応を行ってくれたのか口コミを集めてみました。

水漏れ修理業者を依頼した人の口コミを集めてみた!

業者の方が丁寧でした

シンクの蛇口をちゃんと閉めているのに、水がずっと出ていて気になったので連絡をして修理をしてもらいました。業者の方が丁寧で、どうして水が漏れていたのかも説明してくれて分かりやすかったです。作業時間もそんなに長くなくてよかったです。

作業時間が短かったです

トイレを使用していたら、急に後ろの管から水が漏れていて止まらなかったので業者に電話して来てもらいました。私の家は東京のはずれの方なので、到着までに時間がかかるかと思っていたのですが、すぐに来てくれて水漏れも給水管?という所から漏れていると説明してくれました。その後は、給水管の接続部の締め付けが緩んでいて、締め付けを直してくれましたよ。

排水口の流れが直った

お風呂の排水口が、最近水の流れが悪くて業者に電話してみたところ修理が可能との事で依頼しました。調べてみた所、長年の髪の毛や油脂が排水管をつまらせていたみたいで、すぐに直してもらいました。修理業者を呼んで思ったのですが、掃除はこまめにしておかないといけませんね。

失敗しない!東京で水漏れ修理を依頼する前にやっておく事!

女性

水漏れ業者を呼ぶ前に

水漏れは急に起こります。そんな時、水が噴き出すと慌ててしまうのが人間です。その場合、とっさに水漏れ業者に依頼するのは難しいものです。最初からどこに依頼するか決めている人なら良いのですが、依頼する業者を決めていない人なら余計に慌ててしまうでしょう。水漏れが起こった時は、まず落ち着いて、水が漏れている箇所に応急処置をしておきましょう。応急処置のやり方は、まず水道の元栓・止水栓を締める事です。洗面台や台所やトイレで水漏れが起こった場合は、下に取り付けられている給水管の栓を止めておきましょう。この元栓はドライバーで止めるタイプと邪口で閉めるタイプの二つがあります。給水管の近くに元栓が無い場合は外に設置されているので、家の外にある元栓を止めましょう。外に元栓が設置されている場合は、家全体の水が止まってしまうので覚えておきましょう。元栓を止め終わったら、業者に連絡を入れ修理をしてもらってください。

部品

水漏れ修理の流れを知っておこう

水道修理依頼には流れがあります。水漏れが起こってしまった場合は、緊急事態の事が多く慌ててしまいがちですが、依頼した後の対応の流れを知っておくと、水漏れ時に慌てる事が少なくなりますよ。まず電話やネットで水道修理の依頼をすると、スタッフが訪問し、水漏れ状況を確認して見積もり料金と水漏れ箇所がどのような状態か説明してくれます。見積もり料に納得がいけば作業を開始してくれます。この時見積もり料金に納得がいかなかったら断る事も可能です。業者によっては、依頼をしても持参した部品と故障した箇所の部品が合わない場合修理ができないので依頼する場合は、大手の水漏れ修理業者に依頼すると部品も豊富に揃っているので、修理を受けてくれやすいです。

広告募集中