HOME>記事一覧>排水つまりの防止方法と大阪業者に依頼した方が良いケース

つまりトラブルが起きてしまったら

洗面台やお風呂場の排水口が何らかの原因で詰まってしまった場合、水の流れが悪くなってしまいます。そうすると水を流す事ができません。排水口のつまりはどうやって直したら良いのでしょうか。自分で直す方法と業者に依頼して直す方法があります。どちらが良いのでしょうか?

排水つまり自分でやるのと業者に依頼するのなら?

自分で直す場合

パイプが詰まる原因としてお風呂場の場合は、頭を洗う時に抜けてしまう髪の毛やシャンプーやリンスのような石鹸のカスが長い年月蓄積されていると、汚れがこびりつき詰まりの原因になります。自分で直す場合は、パイプクリーナーを排水口に注ぎ時間を置いてから水を流すと排水口についた汚れを溶かして浮かし流れていきます。ですが、パイプクリーナーを使う際は量が少なかったり放置時間が長すぎると汚れを完全に取る事どころか増やしてしまうので、取り扱いに注意が必要です。

業者にお願いする場合

毎回綺麗にしていても流れが悪い場合は、業者に依頼するとすぐに解決してくれます。排水口の流れが悪くなるのは、長年の汚れが原因なものが多いですが、そうでないものもあります。自分で行うよりもすぐに修理してくれるので、自分で行うよりも時間を取られる事がありません。

排水つまりの防止方法と大阪業者に依頼した方が良いケース

蛇口

排水管を詰まらせないようにしておくこと

生活をしていると、生活排水を毎日流す事が多いです。しかし毎日流し続けてそのままにしておくと詰まりの原因になります。その為には日頃から詰まらせないように自分でも予防をする事が大切です。気をつける事としては、油をそのまま流さない、食べ物を作った料理器具を料理が付着したまま流さない、掃除をこまめにやっておく事を守っておくと排水管つまりを予防する事ができますよ。

配管

業者に修理を依頼した方が良いトラブル

排水つまりは自分で直す事も可能ですが、中には大阪の業者に依頼をしないとトラブルが解消されないケースもあります。業者に依頼した方が良いトラブルとしては、排水管が曲がりくねった形をしたものの場合、排水管が老朽化であちこち壊れている場合、住んでいる家が賃貸物件だった場合があげられます。このような場合は、自分で直す事が難しいので、業者に依頼すると早く直してくれますよ。自分でやってトラブルを増やすより業者に依頼しましょう。

修理

業者に依頼した時の相場

業者に排水つまりをお願いする場合は、料金がかかります。料金は依頼する業者によって変わりますが、詰まりの原因がすぐに解決できそうな場合は、一万円前後で修理が可能です。この金額には、作業料金と出張費が含まれている事を覚えておきましょう。

広告募集中